本文へスキップ

木工房ふうは 無垢材を使った注文家具をはじめいろいろな木製品を作っています

電話でのお問い合わせはTEL.0463-76-5140

mail info@mokkoubou-fuu.com

無垢の家具 塗装 接着剤について

無垢の家具とは

無垢材とは原木から取った板や角材その物を言い木工房ふうでは基本的には無垢材のみで家具などを製作しています。
 既製品の家具を見てみるとその多くは合板で出来ていてその表面に木目をプリントしたシートを貼ったり、突き板というコンマ数ミリと言う非常に薄い天然木をスライスしたものを合板やMDFに貼り本物の無垢材家具と見分けがつかないように作られています。それを無垢の家具だと思い込んで購入される方が少なからず居られると思います。

 量産家具だけでなく 高級家具や伝統工芸的な家具にも突き板を貼った合板の家具があり高価な銘木の美しく整った木目を使い反りや割れの心配が無く硬い塗膜保護されている為汚れや傷にも強く中は空洞なので無垢材の家具と比べると軽く出来ていてとても扱いやすい優れた工業製品です。

 しかし無垢材の家具のような温かみや心地の良さとはやはり異質な気がします。合板も木質材料ではありますが温かみや感触には無垢材とは大きな違いが有ります、木材には湿度調整や抗菌効果、断熱効果、衝撃吸収、香りや木目の精神安定効果、紫外線を吸収して赤外線を反射、音をやさしく反射、肌触りがよく、軽さの割りに強く、耐久性が高い等の性質があります。そしてそれらが木の温もりや心地良さといった感覚を私たちに与えてくれます。
木が健康に良いという事はすでに多くの人の共通認識であり木材そのもので出来た無垢の家具もまた住環境に影響を与え人の心にも潤いを与えるものと思います。

 一般消費者にとって家具の構造や素材がいったいどうなっているのかは非常に解りにくくなっていて果たして無垢の家具なのか合板の家具なのか説明を受けないとわからない状態です。

 「天然木突き板」等と書かれていればそれを無垢の家具と勘違いされる方が多いのでは無いのでしょうか「天然木突き板」と書いてあればそれは「合板の家具」です。解った上で選択をして頂ければ良いのですが。                                     


塗装について

オイル仕上げと言う方法を取っています

一般的な塗装は合成樹脂塗料で木の表面を覆ってしまう塗膜を作ることで木材の保護や平滑な美しい表面を作っています

 オイル仕上げと言うのは植物油(亜麻仁油、桐油,荏油、などの*乾性油)を木材に浸透させそれが固まり保護層を作ります 塗膜ではない為自然な風合いを損なわず調湿効果も残し汚れも付き難くします ただしテーブル等で食べ物の汚れや醤油やソースの汚れを翌朝まで放置しておけばシミになる事があります ウレタン塗装されたテーブルのようにどんな汚れも拭き取れる感覚とは違いますのでご注意を

 現在使っている塗料は環境意識の高いドイツのオスモリボスの無公害塗料を中心に使っていますまた汚れの付きやすいテーブルにはキャピタルペイントのオリオ2と言う植物オイルにウレタンを添加することで硬化スピードを速め硬度の高い保護層を作る塗料も使うことが有ります
 いずれも塗膜を作らない浸透性の塗料で木の質感を大切にしています


*乾性油とは空気中で完全に固まる植物油でオリーブ油や菜種油などは不乾性油と言って固まりません
オスモやリボスの製品には植物オイルだけでなくワックス、添加剤,溶剤が入っています。


接着剤

接着剤はタイトボンドVと言う米国製の耐水性の有るFDA(米国食品医薬局)の認可を

得たボンドとコニシの木工ボンド(酢酸ビニル樹脂エマルジョン)を主に使っています

コニシボンドは「健康住宅対応 ホルムアルデヒドを使用していないより安全な木工用接着剤です」と書かれています
また厚生省指針値策定の13物質を使用していなく 日本接着剤工業会4VOC対作品とも書かれています。

 いずれも水溶性で有機溶剤での不安も少なく比較的安全な接着剤だと思っていますが石油から出来た化学合成樹脂であり何らかのVOC(揮発性有機化合物)の発生が有るものと思われます(注意書きには使用時の換気を促してあります) 危険と言えるのは使用時や乾燥する間です 完全に接着剤が固まれば殆ど問題がないのではと思っています(認識が甘いと指摘されるかもしれませんが)

 また無垢材の家具は合板やMDF(木質繊維を接着剤で固めたもの)で出来た家具に比べると接着剤の量は極めて少なく安全性もそれだけ高いと言えるでしょう

 それでも小さなお子さんをお持ちの方やすでに
化学物質過敏症シックハウス症候群でお悩みの方等接着剤に不安をお持ちの方に対しては自然素材だけで作られた接着剤や膠、ご飯を練って作る続飯(そくい)と言う糊、木ねじやボルトを多用する等いくつかの方法も考えられますのでご相談ください

バナースペース

shop info店舗情報

木工房ふう 渡部健

〒257-00030
神奈川県秦野市南矢名1313
TEL.0463-76-5140
携帯 090 3507 3998
mail info@mokkoubou-fuu.com